上の歯が出ている

小学生から中学生

下顎後退症例(上の前歯が飛び出し、下の前歯がほとんど見えないために、上顎の前突ととらえられやすく、フェイシャルバランスが崩れることがある.(本症例は下顎が後退) 乳歯と永久歯の混合歯列期に一期治療を行い、下顎を前方へ整位して、永久歯が生え揃ってから永久歯二期治療を行った.放置すると、オトガイ部に深い横皺が形成され、歯ぎしりなどがある場合は下顎前歯の磨耗をおこす

歯列の前突を伴う下顎の後退(口元がでている) 下顎の位置を前方に整位した後に小臼歯を抜歯して、上顎と唇そして下顎のバランスを確立した.抜歯だけの治療では下顎の後退感が残ってしまうので、長期的なフェイシャルバランスを考えた治療が必要とされる症例.


20代 女性

上顎前突(上顎の歯列が前に出ている) 上顎の歯列が出ていると、下唇も前方に出して閉鎖しなければならないので、口元が不自然になる.上顎の小臼歯を抜歯して、矯正治療を行なった結果、口唇の開閉はスムーズになり、上下口唇のバランスは良好になった。