デコボコ (叢生)

小学生症例 女子

重度の叢生、上顎乳側切歯に対して永久側切歯の入る余地がなかった(矢印).拡大床を使わずに側方に拡大、叢生を改善して永久歯の場所を確保.フェイ シャルバランスも保たれている。


中学生症例 女子

叢生 歯並びが悪い 初診時の口元がフラットなために抜歯せずに犬歯を整列し、唇のサポートとフェイシャルバランスを確保した。


高校生症例 男子

叢生:歯並びが悪く口元がとび出している 初診時の口元を改善するために、小臼歯を抜歯して横顔とオトガイ部の緊張を改善した.抜歯を必要としたが、フェイシャルバランスは大きく改善した。


20代 女性

叢生症例(八重歯を含む前歯の叢生と前歯の深いかみ合わせ、右下りの咬合平面) 初診時において叢生はあるが、鼻ー口唇ーオトガイに至るバランスは良好であった. フェイシャルバランスを維持するために、抜歯による口元の平坦化を防ぐために、 側方への歯列拡大を積極的に行った。


50代 女性 連携医療症例

外国を旅行して自分の歯並びが気になった. 非抜歯にて矯正治療.一番のコンプレックスがなくなったとのこと。