下の歯が出ている (下顎前突)

小学生から中学生

反対咬合(受け口) 乳歯と永久歯の混合歯列期に一期治療、永久歯が生え揃ってから永久歯二期治療を行った.放置すると、下顎前歯の歯肉が下がったり、歯の磨耗が起こる。


中学生症例 男子

叢生と反対咬合 上唇は後退し、上顎にやや陥凹が認められた.非抜歯で矯正治療を行い、反対咬合は改善した.上唇のサポート得られた結果、フェイシャルバランスが確保された。


高校生症例 女子

叢生:歯並びが悪く犬歯が八重歯 上顎部の扁平感をなくすためにかなり叢生はあるが、非抜歯で歯並びを改善した.抜歯した場合は上唇部が薄くなり陥凹した中顔面になる。